太陽光発電は新築住宅はもちろん、すでに人が住んでいる住宅に増設されるケースが増えてきています。
太陽光発電は環境にやさしいクリーンなエネルギーです。
すべての家庭に太陽光発電装置が設置されるとCO2や核廃棄物などが問題視されている火力発電や原子力発電などの既存の発電が不必要になる可能性があるのではないかとまで言われています。
最近ではどんどん普及している太陽光発電システム。
導入するとどのようなメリットが得られるのでしょうか。

・電気代の節約
太陽光発電装置を使用することによって、毎月の電気料金が安くなります。
発電した分の電気には料金がかからないのでとてもお得ですね。
家庭で利用するガスや石油をすべて電気に変えるオール電化にすれば、さらに節約が可能です。
曇りや雨の日などもあるので、太陽光発電で10家庭の電気をすべておぎなうのは難しいのですが、これまでの光熱費を最大8割近く削減できることもあるそうです。

・環境への配慮
太陽光発電は太陽の光だけを利用した100%自然の力の発電システムです。
そのため問題となっている二酸化炭素の排出もなく、地球温暖化の防止に役立ちます。
よけいな廃棄物などもでず。
環境に優しい発電方法であると言えるでしょう。

・電力を電力会社に
太陽光発電で発電した電気が家庭では使いきれずあまってしまうことがあります。
そのような余剰電力は売買契約をむすんでおけば電力会社に買い取ってもらうことができます。
毎月売買した電力の分の料金は電力会社の供給した電力との差額を受け取ることができます。

・夜間の電力利用
太陽光発電は基本的には夜中に発電することはできません。
電力会社は昼間の電気料金が割高になる代わりに夜間電力を安く使用できるプランを用意しています。
これに申し込んでおけば、昼間は太陽光発電システムで発電し、夜間は電力を安く使用することができます。