地球環境のためにも太陽光発電を設置いたしましょう。

岐阜市は日本の中でも日照時間が長い方なので、
太陽光発電に向いている都市であるといえます。
大震災の後で全国的に太陽光発電にする住宅が増えてきており、
日本国土のほぼ中央に位置する岐阜市でも同様に増えてきているようです。
岐阜市の住宅地を歩いてみると、まだ多いわけではありませんが、
屋根にソーラーパネルを設置している住宅が見受けられます。
新築したついでに太陽光発電にする場合も多く、
新しいモダンなデザインの住宅に、ソーラーパネルの載った屋根付きの光景は、
近未来的で時代の先を行っているかの印象を受けました。
一般住宅でも太陽光発電ができるようになったことは、
技術の進歩によるものもあることでしょう。
昭和の時代には一般住宅での太陽光発電は考えたことがなかったわけで、
人々の環境への関心が強くなってきたこともあり、
岐阜市でもますます太陽光発電にする住宅が増えていくはずです。
太陽光発電の良いところは、CO2を排出しないことが挙げられます。
CO2は地球温暖化の原因となるもので、
人口40万人、15万世帯の岐阜市の多くの住宅で設置がされれば、
それだけ本来排出していたCO2を排出しなくなることになります。
他の星へ移住することはできないのですから、
私たちを生んでくれたこの地球を大事にしていかなくてはなりません。
それに化石燃料のように枯渇しない太陽光なので、
今のところ無尽蔵に利用できるのも良いところだといえるでしょう。
地球を愛する岐阜市の人々は、
早めに太陽光発電を設置していくことが望ましいといえます。