太陽光発電を利用すると、電気料金は安くなるし、環境にもやさしいのでいいことずくめのような気がします。
しかし、やはり太陽光発電にもデメリットはあるようです。
そこで、太陽光発電システムを導入することを検討中の方に太陽光発電システムについてのデメリットもいくつか紹介しておきたいと思います。

・初期コストか高い
太陽光発電を自宅で行うためには、太陽光パネルやそれに付属する各種機器(太陽光発電システム)を購入し、設置する必要があります。
太陽光発電システムの導入にかかる費用は導入時に負担しなければなりません。
そのコストはシステムの種類によっても異なるですが、家庭用のものだと150から200万円程度が多いようです。
しかし長い目でみれば電気料金が安くなったり、余った電力を電力会社に買い取ってもらうことができるので、もとをとることもできるでしょう。
ただし、それには年単位の時間が必要ですので覚悟が必要です。

・悪天候による発電量低下
太陽光発電は地上に届く太陽光が弱くなる雨の日や曇りの日はどうしても発電効率が低下してしまいます。
しかし最近ではメーカーの努力によって太陽光発電パネルの性能向上が図られており、発電効率の低下しにくいパネルが開発されています。
ただ、以前より改善されたとはいえ、家庭の使用電力を100%まかないきるのは難しいようです。

・太陽光パネルのお手入れ
太陽光パネルに汚れが付着すると、発電効率が低下してしまいます。そのため、太陽光パネルは定期的に掃除をしたほうがよいでしょう。
近年では表面に光触媒を塗布したでれがつきにくいパネルもが主流です。
最新の太陽光発電システムのパネルであれば、掃除は1年に1回程度で十分であると考えられています。
自分で掃除が難しい場合は、業者に頼むのも一つの手です。

以上のように、太陽光発電にはいくつかのデメリットがあります。
しかし、総合的に見て太陽光発電で得られるメリットはデメリットを上回っているのではないでしょうか。
この機会にご家庭や職場に太陽光発電システムの導入を検討してみてはいかがですか?