屋根の心配

岐阜市で太陽光発電を行うという場合ですが、実際に心配している方が多いです。
どのようなところを心配しているのかと申しますと、です。
屋根についてなのですが、
確かに太陽光発電という思いイメージのあるものを載せるわけです。
そいの結果としてどのような影響があるのか岐阜市の方も心配する気持ちが分かります。
そもそも、岐阜市はそれほどではありませんが、
冬になりますと雪が積もることもあるのです。
雪の重量と太陽光発電の重量で、屋根が抜けてしまうのではないか、
というような心配をされる方も少なくはありません。
では問題のや太陽光発電の重量ですが、実は昔は確かに重かったです。
屋根によりましては載せることができなかったのです。
重量オーバーになってしまうというような理由があったのです。
しかし、現在ではそういったことはないといってもよろしいです。
太陽光発電は軽量化がしっかりとされています。
全く心配がないといってもよろしいほどの存在になっているのです。
そもそも太陽光発電システムの重さなのですが、
屋根に載せている瓦と比較されるようなことがあります。
屋根に載せている瓦についてなのですが、実はものすごい重量になっています。
その重さと比べますと、3分の1であるとか4分の一です。
ですので、瓦と比較してみましても、
ほとんどその重さは屋根に影響を与えないというようなことが分かるでしょう。
さらにこれからも技術が進んでいくことが想定されますので、
どんどんと軽量化される可能性は高いです。