それぞれの地域で見る岐阜での太陽光発電

日本には47の都道府県が存在するわけですが、岐阜ほどいった人々によってその印象が違う場所は無いでしょう。
例えば、ゴムや繊維の仕事をしていて、その関係でスキー場などに足を運んでいる人は、豪雪地帯の雪国の印象ですが、反対に県庁所在地に用事があって行っている人なら、平地で愛知県の西部を髣髴とさせる印象を持っていることでしょう。
他にも、一県で日本海側気候と太平洋側気候があったり、冬に乾燥していて寒いエリアもあれば、豪雪地帯もあり、それだけでなく、盆地になっているところは夏に非常に気温が上がり、日本一の気温を観測する時もあったりします。
このように考慮していくと、気候によって条件が変わる太陽光発電の場合、それぞれの地域で考えていく必要がありそうですね。
まず、県庁所在地や平野部なら太陽光発電に適した名古屋市と同じような気候なので、まったく問題は無いでしょう。
さらに、盆地で気温が上がるところでも、ソーラーパネルに気温の差は少ないほうがいいという条件があるとはいえ、それを条件に太陽光発電の設置をあきらめるというほどでもないので、まあ問題は無い範囲であると言っても、いいでしょうね。
そして、山間部ですが一見、雪が多くて設置しずらそうなイメージですが、標高が高い場所でも十分に日光を受けることは出来ますし、むしろ夏に熱くなりすぎないので、ソーラーパネルに対する負担が少なそうです。
こんな感じで、様々な気候を持っている岐阜ですが太陽光発電の設置は大丈夫でしょうね。