岐阜で太陽光発電をする環境はいい。

太陽光発電は最近富に脚光を浴びてきた。
以前は地球環境という切り口で、
二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギーで太陽の光を電気エネルギーに変えるもので無尽蔵なエネルギーです。
尚且つ大規模な設備をしなくてもできると言うことで太陽光パネルを設置して個人のお宅の屋根で発電できるものです。
そのようなことから国も補助金を支給することによって太陽光発電の普及を手助けしています。
しかし最近では福島原発の事故から太陽光発電は安全なエネルギーと言うことに変わってきています。
つまり太陽光発電はそのエネルギーは無尽蔵で安全でクリーンなエネルギーと言うことになります。
しかし、
せっかく太陽光発電を設置するならばそこに経済的なメリットが加われば鬼に金棒です。
太陽光発電の欠点は夜に発電できないことと蓄電できないことです。
しかしその欠点も欠点とはいえません。
例えば共稼ぎで日中家に誰もいなくて使用電力が少なければ発電した電力は売電できるし、
逆に日中家にいて消費電力がある場合は電気料金が安くなります。
このように太陽光発電は日中しか発電しなくてもメリットばかりなのです。
そして、
太陽光発電に良い環境と言うのは日照時間が多くて気温が低いといった環境が良い環境と言えます。
太陽光パネルの材料の結晶シリコンは熱に弱いのです。
一定以上の気温になってしまうと逆に発電効率は落ちてしまいます。
そのようなことを考えると岐阜で太陽光発電する環境は良い環境だと言えます。