岐阜市で進む太陽光発電の導入

岐阜市で新たに家を新築する人やリフォームをする人の間で、太陽光発電モジュールの設置を行う人が増えています。
太陽光発電は、建物の屋上や土地に太陽光発電モジュールを設置することで、太陽の熱エネルギーを受けてそれを電力に変えます。
この発電では二酸化炭素が発生しないので地球の温暖化の防止に役立つとしてその設置が進められています。
ところで、岐阜市内では高層ビルやマンションが比較的少なく、太陽の光を受けやすいので太陽光発電に適した立地条件を有しているといえます。
また、建物にモジュールを設置するだけでなく、広い土地を所有している人は敷地内にモジュールを設置して太陽光発電を行う人もいます。
太陽光発電で発生させた電力はそのまま自分の家庭で利用できるため、夜間に利用するなどすれば電気代の節約効果が望めます。
また、電力をためておくことで、災害時に携帯電話の充電をしたり夜間の街頭にしたり調理器具を使うことができるので、災害対策としても利用することができます。
また、岐阜市内では家庭だけでなく企業による事業用の太陽光発電の導入も進んできています。
さらに、岐阜市における市の所有地を民間の電力事業を行う会社に提供することで太陽光発電所の建設計画も進められてきています。
岐阜市に太陽光発電所が設けられれば安定した電力の供給ができるようになります。
そして、その分の二酸化炭素の発生も抑制することができるので、岐阜市内の空気の清浄化にもつながるなど、メリットがたくさんあります。