岐阜県における太陽光発電導入支援

岐阜県では太陽光発電の導入に対してさまざまな支援を行っています。
太陽光発電は、無限にある太陽光を利用して、電力を発生させます。
そこで、環境に配慮して地球温暖化防止に役立つ発電方法であるとして最近注目されています。
ただ、そのシステムの設置費用には150万円ほどの高額な費用がかかります。
そこで、少しでも費用負担を軽減して、太陽光発電システムを広めようということで、岐阜県では補助金制度を設けています。
この補助金制度や国の設けている補助金制度を利用して住宅用太陽光発電システムを設置する人はかなりの数を占めています。
それほど、住民における太陽光発電システムにたいする関心は高いといえます。
さらに、住民だけでなく、岐阜県内の企業においても太陽光発電システムを導入するところが増えており、地球環境に配慮した企業が増えてきているといえます。
また、岐阜県では、住民だけでなく自ら太陽光発電を行う取り組みもしています。
その一つとして、県有地を電力会社に提供することでの太陽光発電所の建設計画が挙げられます。
2011年の東日本大震災で起きた原子力発電所の事故により、原子力発電所の稼働停止が目立ち、電力不足が言われています。
そこで、安全な太陽光発電所を作ることで、安定した電力供給を行う電力不足を緩和する目的があります。
岐阜県では山が多いことから、その斜面を利用しての太陽光発電所の建設計画がなされています。
山の斜面では、多くの太陽光を受けることができるため、効率の良い太陽光発電が行えるでしょう。